体調が良くないけれど検査しても異常がないというような場合も、鍼灸は効果があります。

西洋医学では病気の原因を明確にし、投薬や外科的治療で病気を治療していく方法をとるのが一般的ですが、東洋医学では、まずは体の免疫力を高め、自然治癒力を向上させる事を主としています。

そのため異常がなくても体がツライなどの症状があっても、鍼灸であれば様々なシーンで有効的に取り入れる事ができます。
鍼灸治療を受ける女性

痛みに対する効果がスゴイ

鍼灸の治療においては、痛みに対する効果も高く評価されています。

針の刺激によって分泌されるモルヒネのような役割をもつホルモンが痛みを抑える効果があり、痛みを脳に伝える神経をブロックする効果があるので、痛みの緩和に効果的です。

リラックス効果のあるセロトニンなどのホルモンも分泌されるので、自律神経のバランスも整い、交感神経と副交感神経の働きがスムーズに行なわれ、ストレス性の症状に効果的です。

さらに自律神経は、胃腸などの内臓や血圧も調整しているので、自律神経のバランスを整える事によって内臓機能のバランス回復に役立ちます。

筋肉のコリやハリにも効果があります。針を刺すと血液やリンパの流れが良くなるので、固くなっていた筋肉の緊張がほぐれて柔らかくなり、コリやハリが緩和されていきます。

美肌効果もある

あまり知られていませんが、針治療は美肌効果も高いです。

針で傷つけられた細胞は必死でリカバーしようとして増殖していきます。
これが細胞の活性化につながり、コラーゲン線維を強くしていくのです。このため肌のハリも高まり、たるみやシワが予防できるでしょう。