鍼灸の歴史について、まだよく知らないという方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、鍼灸の歴史についてお話していきましょう。

鍼灸って何?

そもそも鍼灸とは何かというお話からしていきます。

一般的に鍼灸は「はり」や「きゅう」と呼ばれています。あるいは「しんきゅう」と呼ぶ事もあるでしょう。

東洋医学や漢方医学の一つの分野として、中国に起源をもつ日本の伝統的医療でもあります。鍼灸をやる時には、金属の細い鍼をツボに刺し、お灸を燃やしてツボに刺激を与える事施術していきます。

日本に鍼灸が伝わったのは…

日本に鍼灸が伝わったのは6世紀はじめ頃です。

飛鳥時代に仏教が伝わるよりも11年遅れて、漢方薬より先に伝わったと言われています、古代の中国では自然が豊かなところで飲み薬として採取され、今日の鍼灸という技術が確立されました。

その一方で、黄河流域では土地が痩せて植物の種類も少なく、生育も悪い地方だと煎じ薬に頼りがたく、経験的に針灸療法が発達してきました。

この2つの医学においては、中国の漢の時代に一つに集大成されたので、今日では「漢方医学」と言っています。

鍼灸が日本に伝来してからは、明治時代の初期までの長い間、漢方薬と一緒に医学の主流として幅広く親しまれてきました。

幕末にはオランダ医学が伝わり、だんだん衰退してきたのですが、その後明治政府の欧米化政策によって1874年、日本の医学を西洋医学とする立法が作られ、医学の主流を西洋医学に明け渡す事になりました。

なぜかというと、欧米化政策が理由の一つです。他には、東洋医学内因性の病気にはその特徴を生かした治療効果も評価されていますが、怪我については意外と効果が薄いです。